空気清浄機の選び方、2017年 おすすめ ランキング

空気清浄機の選び方、おすすめ

空気清浄機 床面積容量、サイズ

最も重要な選択ポイント、部屋毎のおおきさ別に、大きさを選択する。小さいサイズでは効果が少ないです。

空気清浄機は空気を吸い込む風量によって効果の得られる広さが変わります。スペックに書かれている「適用床面積」は、30分かけて空気をきれいにできる能力で、実際に使用する部屋の面積の2~3倍のものを選ぶと、より早く空気の汚れを取り除くことができます。使用する部屋の面積によっては、2台設置したほうがよい場合もあります。

空気清浄機 風量の性能

最大風量(m³/分)毎分何立方メートルかで表されます。この数値が大きいほど速く空気清浄機が循環するというということです。

風量○○㎥/分という値で、メーカーカタログやホームページに記載されています。

3~7㎥/分の製品が販売されており、部屋の大きさマッチした空気清浄機を選択してください。

風量が強い機種ほど早く部屋の清浄が終わる為、風量は大きければ大きいほど、空気清浄機の性能が良いと言えます。

空気清浄機 フィルターの性能

下記のように色々なフィルターがありますが現在、空気清浄機で使用されているものは一般的なフィルタのなかで最も小さなほこりまでとることが出来るのがHEPAフィルタというものです。このフィルタはたばこの煙のような微小なほこりのを捕集することが可能であり、クリーンルームなどゴミを少なくしなければならない場所で使われていましたが、今では家庭用の高性能な空気清浄機などでも使用されています。

空気清浄機の多機能

空気清浄機には、室内の空気を集めてきれいにする基本的な製品のほか、加湿機能を備えた製品やニオイの除去に特化した脱臭機、イオンを発生させて室内の除菌・消臭が可能なイオン発生機などがあります。

加湿空気清浄機

水分を空気中に放出し湿度を上げる機能を搭載しています。乾燥する冬期には風邪やインフルエンザ予防効果が期待されています。


脱臭空気清浄機

活性炭などを使用した脱臭フィルターやアンモニアに強い触媒を装備し、脱臭性能を強化しています。フィルターの交換が不要の製品もあります。


イオン発生 空気清浄機

イオンを放出させて、除菌・消臭することができる製品。トイレの照明器具にプラズマクラスターイオンを搭載したシャープの製品が話題となっています。


空気清浄機のランニングコスト

空気清浄機などフィルターを搭載している家電は、電気代の他にもランニングコストがかなりな価格でかかります。

電気代は約700円/月

空気清浄機だけの運転なら1時間1円以下と、かなり省エネです。加湿機能付きの場合でも気化式を採用しているので、1時間1円前後と電気代に大きな差はありません。

フィルター交換費用が高額

空気清浄機のフィルターの交換が必要な機種では、買い替えのコストが必要となります。機種によりフィルターの価格は違いますが5000~1万円超えと比較的高価です。

特に、加湿機能付きの場合、フィルターは「集じん・脱臭・加湿」3つのフィルターが内臓されています。最近はランニングコストが抑えられるフィルター交換不要タイプは人気を集めています。

空気清浄機のメーカー別 比較 カカクコム トレンドサーチから引用

シャープ、ダイキン、パナソニックの3社が主力のメーカーです。

順位

  1. メーカー

シェア率

平均販売価格

1
  1. シャープ
28.98% 21,858円
2
  1. ダイキン
28.81% 40,047円
3
  1. パナソニック
17.58% 23,007円

空気清浄機 おすすめ メーカー 2017

シャープ 空気清浄機  おすすめ メーカー

シャープ 加湿空気清浄機 プラズマクラスター KC-F50-W

アマゾン 人気 ベストセラー (2017年2月 現在)

高濃度プラズマクラスター7000搭載、従来品のホコリセンサーより感度をアップ。花粉などの大きな粒子に加え、より微小な粒子まで検知、PM2.5など微小な粒子の濃度を色でわかりやすくお知らせし、風量を強めて集じんします。

アマゾン 楽天

パナソニック 空気清浄機  おすすめ メーカー

パナソニック 加湿空気清浄機 ナノイー・エコナビ搭載  F-VX501-W

アマゾン 楽天

ダイキン 空気清浄機  おすすめ メーカー

ダイキン PM2.5対応空気清浄機(29畳まで)MC80T-W

アマゾン 楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント等は問い合わせから連絡願います。