電気ケルト、ポットの選び方、使い方、修理、処分【図解】

ジャーポットの上手な使い方

 ジャーポットのふたに付いている内フタパッキンが劣化してくると、蒸気が漏れることがある。また、エア給湯方式の場合は、お湯の出が悪くなる場合がある。内フタパッキンの破れや劣化(パッキンが白くなる)が見られる場合は交換する。

推奨温度

お茶やコーヒー等おいしく入れるには、お湯の温度が大切です。温度設定のできる電気ジャーポットを使えば、いつでも適温のお湯で手軽にティータイムを楽しめます。おおむね下記の推奨温度を目安に設定してください。

飲み物の種類

コーヒー 紅茶 番茶 煎茶 カップめん 玉露

推奨温度

約98℃ 約98℃ 約98℃ 約70℃~約90℃ 約98℃ 約60℃

保温温度調節機能と節電タイマーを使った節電

保温温度調節機能を上手に利用して、低温で保温すると、高温で保温するより節電になる。しばらくお湯を使わないときは、保温温度を下げて保温し必要になったときに再沸騰して使うとよい。また、電気ジャーポットについている節電タイマーを使用すると、常時はヒーターへの通電が止まり、設定時間前に通電を開始し、設定時間に沸き立てのお湯が使えるようになる。寝る前やお出かけ前に、新しい水を入れておいて節電タイマーをセットすれば、約2~3割電気代節約できる。(一般社団法人日本電機工業会ホームページ)

1分動画:電動ポットの使い方

ジャーポットの安全上の注意

①水以外のものを沸かさない。

お茶・牛乳・スープ・酒など水以外のものを沸かすと、沸き上がるときに噴き出して、火傷するおそれがある。

②湯が噴きこぼれ、やけどのおそれがあるため、満水目盛り以上の水を入れない。

③湯が噴きこぼれ、やけどの恐れがあるため、蒸気囗をぬれ布巾などで塞がない。


④感電のおそれがあるため、水につけたり、水をかけたりしない。


⑤幼児に使用させたり、いたずらさせたりしない。幼児や子どもの手の届かないところへ置く。事故の半数以上が10歳未満である(国民生活センター)。


⑥水のかかるところや、火気の近くでは使用しない。感電やショートのおそれがある。


⑦器具用プラグにピンやごみを付着させない。感電、ショート、発火の原因になる。


⑧ 電源は交流100V定格15A以上のコンセントから単独で使用する。


ジャーポット手入れ、清掃

ジャーポット 内容器の洗浄

使っていると水の中に含まれているカルシウムなどのミネラル分が白、茶色の湯垢となって内容器やフィルターに析出してくる。これはスポンジでこすっても落ちにくいので次の手順で洗浄する。

レモン1個分の絞り汁、または市販の洗浄剤(クエン酸など)を入れる。

②水を入れ、沸かして1~2時間経過後湯を捨てる。洗浄モードのある機種は水を入れて洗浄モードのボタンを押す。

③電動ポンプ内も洗浄するため出湯ボタンを押して湯を捨てる。

④もう一度湯を沸かし、クェン酸のにおいを取るため出湯ボタンを押して湯を捨てる。

※1:カルキ臭(塩素臭):水道法により、水道水は塩素消毒が義務付けられている。そのため家庭の給水蛇口から出る水道水には残留塩素が含まれており、その残留塩素がカルキ臭(塩素臭)として感じられる。


ジャーポット パッキンの交換

ジャーポットのふたに付いている内ぶたパッキンが劣化してくると、蒸気が漏れることがある。また、エア給湯方式の場合は、お湯の出が悪くなる場合がある。内ぶたパッキンの破れや劣化(パッキンが白くなる)が見られる場合は交換する。

動画 電気ポット 内部ポンプのクエン酸洗浄の方法




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする