電子レンジ・オーブンレンジの選び方、使い方、修理【 図解】 

電子レンジの基本の使い方 初心者

電子レンジ調理で「使用できるモノ」、「使用できないモノ」

 電子レンジ調理では「使用できないモノ」もあります。購入時には表示を確認し、電子レンジ調理に「使用できるモノ」を選択する。誤って使用するとレンジ庫内でスパーク(火花)が発生します。

電子レンジ調理で「使用できるモノ」

シリコン容器、ラップ陶器、磁器、耐熱ガラス、耐熱性プラスチック

電子レンジ調理で「使用できないモノ」

アルミホイル、ステンレス、ホウロウなどの金属容器、金銀箔のある陶磁器、木製容器、漆器、耐熱性のないガラス、耐熱性のないプラスチック製品


容器は調理に応じて 正しく選びましょう。詳しくは取扱い説明書に従ってください。

容器の種類 レンジ加熱 オーブン・グリル加熱
耐熱性ガラス容器 使えます

※ただし、ひび、傷のある器は急熱、急冷すると割れることがあります。

耐熱性のないガラス容器 使えません

※クリスタルガラス、カットガラス、強化ガラスなども使えません。

耐熱性プラスチィック容器 耐熱温度が140℃以上のものが使えます

※ただし、電波で変型する物、砂糖・油分の多い料理など、高温になる食品には使えません。

使えません

※ただし、オーブン・グリル用指定のものは使えます。

その他プラスチィック容器 使えません
耐熱温度が140℃未満のもの、電波で変質するものは使えません。(例:スチロール、ポリエチレン、メラミン、ユリア、フェノール樹脂など)
ラップ 耐熱温度が140℃以上のものが使えます

※ただし、砂糖・油分の多い料理など、高温になる食品には使えません。

使えません
金属容器、金串、金網、アルミホイルなど 原則として使えません

※ただし、アルミホイルは電波を反射する性質を利用して部分的に使うことがあります。

使えます

※ただし、取っ手がプラスチックの物は使えません。

陶器、磁器 使えます

※ただし、ひび、傷、金銀の模様、内側に色絵のある器は、火花が出るので使えません。

漆器、竹・木・籐・紙製品 使えません
焦げたり、塗がはがれたり、ひび割れすることがあります。※ただし、紙、楊子、竹串などは料理によっては使うことがあります。

 食材の置き方・入れ方

ターンテーブルありの場合

  1. 電波は外側に強く当たるので温めるモノは中央から少しずらして外側に置きます。


  2. 耐熱皿を使った調理では、真ん中をあけて食材をドーナツ状に置きます。複数の食材をいっぺんに加熱する場合は、火の通りにくいものは外側に、火の通りやすいものは内側に置き加熱します。


  3. 耐熱ボウルを使って調理する場合は、火の通りにくいものを上に、火の通りやすいものを下に入れます。


    フラットタイプの場合

    1. あたためるものを中央におきます。


    2. 耐熱皿を使うときは、中央をあけずに並べます。


  4. 耐熱ボウルを使って調理をする場合は、センサーが自動的に強弱を判断するので置き方はこだわりません。全体をさっくりと混ぜて加熱します。

ラップをするコツ

電子レンジでは、「ラップ」は鍋のフタのような役目をします。食品の熱が逃げるのを防止し、食品の飛散を防止します。また、水分蒸発が多い食品の乾燥も防ぎます。一方、ラップをすると水蒸気が中に溜まるので、揚げ物などをカラッと仕上げたい時に逆に外します。

 

加熱前に皮に切れ目、穴を入れる

ソーセージやオクラ、ナス、丸ごとの魚など皮がついているものは加熱すると中身が膨張して破裂します。これを防ぐために、加熱前に皮に切れ目を入れておきましょう。また、タラコや卵の黄身など、薄い皮がついているものは、竹串で数カ所、穴を開けてから加熱します。

電子レンジ 安全上の注意

据え付け上の注意

  1. 燃えやすいものや熱に弱いものを近づけないこと。また畳やじゅうたん、テーブルクロスなどの上に置いたり、カーテンなどに近づけたりしないこと。

  2. 排気口や吸気口をふさがないように設置すること。 設置の際の本体と壁面との距離については消防法(対象火気設備等及び対象火気器具等の離隔距離に関する基準)に基づき一般社団法人日本電機工業会が自主基準を設定している。オーブンレンジの場合、周囲温度が30℃の条件下において、通常使用時の壁面などの温度が100 °C以下、異常時の壁面温度が150°C以下(安全装置がある場合)となっており、これを満たすように離す距離を決めている。断熱構造、冷却構造の工夫により背面を壁にぴったり付けて設置できる機種や、側面を壁にぴったり付けて設置できる機種が発売されている。上面について20cm以上開けるように指定している機種も多い。各社のカタログなどを確認し設置場所を決めるとよい。

1)一般形の場合(前面および側面を含む2面以上が開放されている場合)

  自主基準により、前面および側面を含む2面以上が開放、天面:10cm以上、側面、背面:4.5cm以上(ただし排気口面は10cm以上)と定められており、これに基づいて各メーカーで離す距離を決めている。


  1. 電源は交流100V定格15A以上のコンセントを単独で使用すること。他の器具と併用した分岐コンセントやテーブルタップを使うと接続部が異常発熱し発火の恐れがある。


  2. アース線を確実に接続する。

    アース端子付きコンセントがない場合にはD種接地工事が必要である。


動画 電子レンジ アース線 取り付け方、外し方

感電、火災防止の電子レンジ アース線 取り付け方、外し方の紹介動画

電子レンジ 使用時の安全注意事項

殼付きの食材(栗や卵など)の調理や、ゆで卵・目玉焼きの温めは、急激に温度が上昇し破裂のおそれかおるため加熱しない。表面の皮や膜の内側に、調理中に発生する気体がたまって内圧が上がり破裂することがある。


密封パックのものは破裂の危険があるため加熱しないこと。特に密封パックの内 部がアルミ箔のレトルト食品はマイクロ波を反射し機器の故障の原因となる。また 脱酸素剤の封入されたものは発火の恐れがある。


水、飲み物(牛乳、酒、コーヒーなど)、スープ、カレー、シチューなどのとろみ のあるもの、油脂分の多い生クリーム、バターなどは、加熱後食品を取り出すとき に突然沸騰して飛び散り(突沸現象)、やけどをするおそれがあるので、次のこと に注意する。


食品を入れないで加熱するとマグネトロンに負荷がかかり、発熱したり庫内でスパークしたりすることがある。故障の原因となるので食品を入れないで加熱しない。


  1. オーブン加熱やグリル加熱は本体が熱くなるため、本体の上には物を置かないこと。特に紙製品は焦げたり燃えたりする。プラスチック製品は溶けるおそれがある。


  1. ドアに物を挟んだまま使用しないこと。又、ドアの変形はマイクロ波が漏れる原因になるため、ドアに無理な力を加え変形させないこと。


動画 電子レンジの間違った使い方

電子レンジ 省エネ目標

トップランナー基準

 1999 (平成11)年に「エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)]が改正施行され、「トップランナー方式」が導入された。これは省エネ法で指定された特定機器の省エネ基準策定において、「現行商品の内、省エネ性能が最も優れている製品(トップランナー)の性能以上の水準に目標値を定める」という方式である。 2006 (平成18)年に[省エネ法]が改正され電子レンジ、ジャー炊飯器も追加された。製品には省エネ性能達成基準値が設定され、その基準達成が義務付けられた。ジャー炊飯器の達成目標年度は2008年度である。

省エネラベリング制度

 省エネ法の改正を受けてJIS C 9901 : 2007[電気・電子機器の省エネルギー基準達成率の算出方法及び表示方法も改正された。製品のエネルギー消費効率は、電子レンジ機能、オーブンレンジ機能および待機時の個別の消費電力量を測定し、それらに年間加熱回数などの使用実態係数を乗じた値をすべて足し合わせて得られる年間消費電力量(kWh/年)である。省エネ基準達成率は下表の基準エネルギー消費効率を年間消費電力量(エネルギー消費効率)で割った比率である。

省エネ基準達成率(%)

基準エネルギー消費効率(KWh/年)÷年間消費電力量(KWh/年)×100

 省エネラベルには省エネマーク、省エネ基準達成率、年間消費電力量が表示される。


電子レンジの簡単な手入れ、掃除、清掃

お手入れする際は、かならずコンセントからプラグを抜いてください。

庫内が汚れたまま使っていると、汚れた部分に電波が集中しあたたまり方にムラができたり、発火や発煙の原因になります。付着した食品、油、水分は、使用のたびに固く絞ったぬれ布巾で水ぶきをしましょう。

庫内・ドア内側など 掃除

簡単な汚れは、ぬれ布巾で、汚れがひどいときは、ぬるま湯に中性洗剤を溶かし、これを含ませた布で拭いてください。汚れたままにしておくと取れにくくなるうえ、ニオイが残ったり、火花や発火の原因になります。


付属品のお手入れ 掃除

使用のたびに、スポンジタワシなどで洗い、その後、水 気を十分にふき取っておきます。汚れたままにしておくと、汚れがこびりついたり、悪臭のもとになります。詳しくは、製品付属の取扱説明書をご覧ください。


ガンコな汚れ取り 掃除

  • 古い歯ブラシに歯みがき粉をつけてこすります。焦げがとれたら濡らしたタオルで拭きます。歯みがき粉の研磨剤が焦げを落としてくれます。
  • レモンを使用します、温めたレモン水をしみこませたスポンジで焦げを落とします。レモンにはリモネンという油を溶かす成分が含まれていています。
  • 電子レンジ専用洗剤を使用する、例えば小林製薬の「チン!してふくだけ」です。これは商品名の通り、チンしてふくだけなのでとっても楽です。

  • 重曹でも電子レンジの清掃がきれいにできます。
    重曹水を耐熱容器にいれます、重曹の量はコップ1杯の水に重曹大さじ1杯が目安。
    電子レンジで3~5分加熱します。水の沸騰とともに水蒸気が発生します。
    加熱後、扉を開けずに20~30分放置します。
    電子レンジ内部の壁を濡れ布巾で拭き取ります。
    最後に乾いたタオルで水分を拭き取って完成です。

電子レンジをチンしてピカピカにするワザ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする