冷蔵庫の選び方、使い方、修理 【図解】

冷蔵庫の上手な使い方

ドアの開閉の時間や回数

ドアの開閉の時間や回数が多くなると消費電力量が増加する。開閉を手早くしたり回数を減らすと省エネになる。

冷蔵庫 ドア開閉

冷蔵庫 ドア開閉

冷蔵庫内の過剰保存

食品を詰め過ぎると冷気の循環を阻害し、冷却不良や温度むらなどを招き、さらには消費電力量が増大する原因となる。食品は詰め過ぎないで整理整頓して入れることにより省エネになる。

冷蔵庫を整理整頓

冷蔵庫を整理整頓

冷蔵庫内の湿度

③食品の保存はビニール袋や密封容器に入れたり、ラップをかけたりすることにより、水分の蒸発を抑制でき、食品の鮮度を保つだけではなく、蒸発器への着霜量が減少し省エネになる。

冷蔵庫 乾燥防止

冷蔵庫 乾燥防止

食品の自然冷却

熱いものは、常温まで冷ましてから入れる。これにより庫内の温度変動が少なくなるとともに冷却負荷が下がるので、省エネになる。

冷蔵庫 自然冷却

冷蔵庫 自然冷却

冷蔵庫 再凍結

⑤一度溶けた冷凍食品は風味が落ちるので、再凍結させない。また、アイスグリームで乳脂肪分、果糖分の多いものは一度溶けると再凍結しなくなることがあるので注意が必要である。

冷蔵庫 再凍結

冷蔵庫 再凍結

小分け化

⑥肉や魚などの食材をホームフリージングする場合は、小分けしてラップするなど一度に使う量にしてから冷凍することにより、無駄が省ける。

小分け化

小分け化

保存期間

⑦冷蔵庫に入れたからといって保存期間の過信は禁物である。

保存期間

保存期間

食品を整理

⑧ドアを閉めると他のドアが一瞬浮く現象がみられることがある。これは、ドアを閉めたときの風圧が内部の風路を通りほかの部屋に伝わるためである。食品の詰め過ぎによりドアが内部から押された状態になっていると、ドアが一瞬浮いたときに半ドアになってしまうことがあるので、食品を整理する必要がある。

冷蔵庫内の整理

冷蔵庫内の整理

冷蔵庫の温度設定

⑨冷蔵庫の温度設定がいつも「強」になっていないか?冷蔵庫の状態にもよりますが「強」だと冷えすぎのことも。夏でも「中」で十分な時があります。

冷蔵庫の温度設定

冷蔵庫の温度設定

冷蔵庫の周囲との隙間

⑩冷蔵庫は背面や側面、上部まどから放熱しながら冷蔵庫内を冷やすため、冷蔵庫の周囲は適度に隙間を空けて放熱の効率をよくしておくことが大切です。

冷蔵庫 隙間

冷蔵庫 隙間

冷蔵庫 安全上の注意

①電源は交流100V定格15A以上のコンセントを単独で使用する。

冷蔵庫 電源プラグ

冷蔵庫 電源プラグ

②地震に備えて、丈夫な壁や柱に冷蔵庫に転倒防止ベルトなどで固定する。

冷蔵庫 地震対策

冷蔵庫 地震対策

③感電事故防止のために、アースを接続する。

冷蔵庫 アース

冷蔵庫 アース

④ドアの開閉などにより冷蔵庫の上に置いた物が落下する危険性があるので冷蔵庫の上に物を置かない。冷蔵庫の放熱の妨げにもなる。

冷蔵庫 上に物を置かない

冷蔵庫 上に物を置かない

⑤手入れするときは、電源プラグを抜いてから実施する。

電源プラグを抜く

電源プラグを抜く

⑥食品以外の薬品や揮発性のある物は入れない。引火、爆発の危険性がある。またプラスチック部の変形や破損、電気部品の腐食や漏電の原因にもなる。

薬品 シンナー

薬品 シンナー

冷蔵庫のメンテナンス

①内部の棚やポケットなどは、取り外して水洗いする。油汚れがある場合は中性洗剤とぬるま湯でふき、洗剤をよくふき取る。化学ぞうきんやアルコール、ベンジン、アルカリ性洗剤などを使用すると、プラスチック部品の変形や破損につながるので絶対に使用しない。

冷蔵庫の清掃

冷蔵庫の清掃

②冷蔵庫の底面には水受け皿(蒸発皿)があります、蒸発皿は2週間に一度、中にたまった水を捨て、きれいに水洗いします。

冷蔵庫 蒸発皿

冷蔵庫 蒸発皿

③自動製氷機付きの場合は、週に一度は給水タンクの氷を捨て、製氷皿などにたまった水を清潔な布でふく

製氷皿の清掃

製氷皿の清掃

④手入れのとき、抜いた電源プラグの刃の間のほこりを、きれいに乾拭きする。

源プラグ ほこり

源プラグ ほこり

ドアパッキンは、汚れを水ぶきするなどいつも清潔に保つ、特にドアの下側は目に付きにくく、ドアポケットの飲み物や調味料がたれて、付着したままになることがあるので注意が必要である。汚れがひどいときは中性洗剤を使用し、その後必ず水ぶきを行う。

冷蔵庫 ドアパッキンの汚れ

冷蔵庫 ドアパッキンの汚れ

⑥ドアのパッキンが傷んでいる場合は、すき間から冷気がもれ電気のムダ使いになる。名刺やはがきを1枚ドアパッキンと本体の間に挟みドアを閉じ、手を離してズリ落ちる場合はパッキングの交換時期と判断し交換する。

冷蔵庫 ドアパッキング交換 確認

冷蔵庫 ドアパッキング交換 確認

⑦冷蔵庫の背面は、放熱を行う部分のため周囲で空気の対流が起こり、細かいほこりが付着しやすくなっている、ほこりゃちりが付着すると放熱が妨げられて、冷却能力を損なうとともに、消費電力が増えることがあるので定期的に掃除するのがよい。

冷蔵庫 背面

冷蔵庫 背面

 据え付け上の注意

①冷蔵庫のカタログには据付スペースが表示されている。本体寸法のみではなく扉を開いたときの寸法も記載されている。冷蔵庫は、本体の背面だけでなく側面および上面からも放熱を行うため、表示されている最小設置スペースを確保して設置する。周囲に放熱スペースを十分にとることにより効率良く放熱が行われ、省エネになる。なお最小設置スペースは年間消費電力量の測定条件とは異なる。
②直射日光が当たらない日陰で、ガスレンジなどの熱気の当たらない風通しの良い場所を選ぶことにより、冷却能力の低下を防ぎ、省エネになる。
湿気の少ない場所を選ぶことにより、安全に使用でき、錆の防止にもなる。
④丈夫で水平な所に設置することで、運転中に発生する振動、騒音を少なく抑える
ことができる。冷蔵庫正面下部にある調節脚を下げて、移動用キャスターを浮かせ
水平に固定する。
⑤設置場所がじゅうたん、畳のほかに塩化ビニール製の床材の場合、熱により変色
するおそれかおるため、丈夫な床材を敷く。

冷蔵庫の据え付けスペース 事例

冷蔵庫の据え付けスペース 事例

動画 冷蔵庫のじょずな使い方



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする