炊飯器の正しい選び方、使い方、修理 【図解】

炊飯器の基本の使い方 初心者

 米を計る

①1合の計量カップ等を使い、山盛りに米を入れます(一度軽くゆするとカップにしっかり詰まる)。

② 箸などを使って、すり切り1杯を量り、あふれた余分な米を除きます。これで1合となります。ちなみに、1合は約150g=180ccで換算されています。

※量る分量に毎回誤差があると、水加減が異なることとなり米の炊き上
がりに影響が出てしまいます。

米をとぐ

①はじめに水を加えたら、軽く2~3度底から混ぜたら、すぐに水を捨ててください。

【注意点】水があると米同士の摩擦が起きないので、水はしっかり切っておくこと!きちんと研ぐことができない。

②20回ほど『ボウルの中をかきまわすように』して研ぎます。合計3回程度の水の入れ替え薄っすら米が透けて見えるくらいの透明度になるまでといでください。

【注意点】手のひらでギュッギュッと力を入れて研がない事、これは米が割れる原因になります

お釜に水を入れて炊飯器に戻す

お米の量にあわせて炊飯器に水を入れましょう!基礎的な炊飯器の使い方のコツですが、そのまま少しお米に水を吸わせた方が美味しく炊き上がります。

*炊飯器の釜の内側に目盛がありますのでそれに従って水を入れてください。

写真は3号にあわせた水量です。

炊飯器 開始ボタンを押す

 炊飯器の炊飯ボタンを押してください、目立つ大きなボタンです。


動画 おいしいお米の炊き方   【料理の基本】

炊飯器 安全上の注意

圧力IH式ジャー炊飯器は圧力をかけて炊飯するため、圧力釜や圧力鍋と同じくPSCマークとSGマークが本体に張り付けられている。

炊飯器 PSCマーク

 PSCマークは、経済産業省が定めた「消費生活用製品安全法」の圧力釜の安全基準に適合していることを示している。この制度は、消費生活用製品の中で、消費者の生命・身体に対して特に危害を及ぼすおそれが多い製品について国の定めた技術上の基準に適合した旨の確認と表示を義務付けている。圧力IH式ジャー炊飯器は特定製品に指定されており、製造事業者などは基準に適合した旨の自己確認を実施しPSCマークを表示して販売する。マークのない危険な製品が市中に出回ったときは、国は製造事業者などに回収などの措置を命ずることができる。

炊飯器 SGマーク

SG(エスジー)はSafety Goods (安全な製品)の略号である。このマークは、財団法人製品安全協会が定めた認定基準に適応していることを示しており、万一の製品の欠陥による人身事故に対しても、消費者保護の立場から賠償措置が実施されることを示す表示である。

炊飯器 PSEマーク

 炊飯器は、電気用品安全法の「特定電気用品以外の電気用品」の電熱器具(電気がま)に該当する。 PSEマークは、電気用品の技術基準に適合していることを示している。

 電気用品の製造、輸入または販売の事業を行う者は、PSEマークが表示されていなければ販売し、または、販売の目的で陳列してはならない。

炊飯器 Sマーク   

S (Safety:安全)マークは、電気製品の安全性向上およびSマークの普及に貢献することを目的に設立された「電気製品認証協議会(SCEA)」によって運営されている。

 Sマークは、電気製品の安全マークともいわれ、電気用品安全法の技術基準(電気用品の技術上の基準を定める省令の解釈)と協議会が制定した追加基準(認証基準)に基づいて、一般財団法人電気安全環境研究所などの第三者認証機関によって、製品試験および工場の品質管理の調査が実施され、適合していることを示している。

 Sマークは、法律で義務付けられたものでない。第三者によって、安全性が確認されたものである。

炊飯器 安全注意事項

注意事項 注意が必要な理由 トラブル発生例
すき間にピンや針金などの金属物など、異物を入れない インバーターなどの高圧部や、ファンなどの回転物かおるため ・感電・異常動作によるケガ
水につけたり、水をかけたりしない 本体内部の電気部品に水滴が付くため ・感電・ショート
消費電力lkW以上の機器は、定格15A以上のコンセントへ直接接続して使う 他の器具と併用すると、分岐コンセント部で異常発熱する ・発火
専用の内釜以外は使用しない 内釜の材料、形状、厚みなどで加熱条件が異なる ・過熱一異常動作
蒸気口に手を触れない 蒸気が吹き出すため ・やけど(特に、乳幼児には触れさない)

心臓用ペースメーカーを使用している場合は、旧式の使用に当たって医師と相談する 電磁波がベースメーカーの作動に影響を与える場合がある。 ・ペースメーカーの誤動作 

水のかかるところや火気の近くで使わない 本体内部の電気部品に水滴が付いたり、外側が火の付きやすい部品であるため ・感電・漏電・火災

炊飯中、保温中、直後は高温部に触れない 加熱部や蒸気が当たるところは熱いため ・やけど

ふたに布巾を掛けて使わない 蒸気口以外の部分に蒸気が回り、本体内部に結露し高温となるため ・変色・変形・故障

10

磁気に弱い物を近づけない 微弱ながらも電磁波を発生しており、磁気漏洩かおるため ・キャッシュカード、自動改札用 定期、カセットテープなどの内 容が消える・テレビ、ラジオなどに雑音小入る

11

ふたは「カチッ」と音がするまで確実に閉める 炊飯中に圧力が上昇してふたと本体の間から蒸気が漏れたりふたが急に開いたりする ・やけど・けが

12

フック部、上枠、フタパッキン、内釜のツバ部、底などにご飯粒が付着した状態で使用しない。

ふたが閉まらない原因になり、炊飯中に圧力が上昇してふたと本体の間から蒸気が漏れたりふたが急に開いたりする ・やけど

炊飯器 省エネ目標

1.トップランナー基準

 1999 (平成11)年に「エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)]が改正施行され、「トップランナー方式」が導入された。これは省エネ法で指定された特定機器の省エネ基準策定において、「現行商品の内、省エネ性能が最も優れている製品(トップランナー)の性能以上の水準に目標値を定める」という方式である。 2006 (平成18)年に[省エネ法]が改正され電子レンジ、ジャー炊飯器も追加された。製品には省エネ性能達成基準値が設定され、その基準達成が義務付けられた。ジャー炊飯器の達成目標年度は2008年度である。

2.省エネラベリング制度

 省エネ法の改正を受けてJIS C 9901:2007「電気・電子機器の省エネルギー基準達成率の算出方法及び表示方法」も改訂された。製品のエネルギー消費効率は、1回当たりの炊飯時消費電力量、1時間当たりのタイマー予約時消費電力量、1時間当たりの待機時消費電力量をそれぞれ測定し実態調査から求めた年間炊飯回数を基にして算出した年間消費電力量(kWh/年)である。省エネ基準達成率は下表の基準エネルギー消費効率を年間消費電力量(エネルギー消費効率)で割った比率である。

 省エネ基準達成率(%)=

基準エネルギー消費効率(KWh/年)÷年間消費電力量(KWh/年)×100

 省エネラベルには省エネマーク、省エネ基準達成率、年間消費電力量が表示される。


炊飯器の簡単な手入れ、清掃

毎日やればそれほど汚れがたまらないので、簡単にできます、お手入れする際は、かならずコンセントからプラグを抜いてください。

炊飯器の釜を洗う

炊飯器の釜は、柔らかいスポンジに台所用中性洗剤をつけて優しく洗う。研磨剤入りのクリーナーや金タワシなどは、表面のコーティングを痛めるので使わない。外側も同様に洗います。

 炊飯器の内蓋の掃除

内蓋を取り外せるタイプの炊飯器は、内蓋をはずして水で(もしくはお湯で)洗う、パッキンに米粒が残っていると、うまく炊飯できない原因にもなるので、丁寧に洗って下さい。

 炊飯器の蒸気キャップの掃除

炊飯器の蒸気キャップが取り外せる場合は、取り外して水洗い、または台所用中性洗剤で洗います。洗った後は、水分を拭き取って、よく乾燥させてから本体に戻します。

炊飯器の蓋の内側を拭く

固く絞った柔らかい布で、炊飯器の蓋の内側を拭きます。蓋の内側についたご飯粒や粘々をよく落としてください。蒸気口もしっかり拭いてください。

炊飯器の炊飯器の外側を拭く

固く絞ったやわらかい布巾で、炊飯器の外側を拭き掃除します。蒸気の吐き出し口も、丁寧に拭いてください。

動画 炊飯器の手入れ、清掃



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする