炊飯器の正しい選び方、使い方、修理 【図解】

 炊飯器の故障診断、トラブル修理

修理上の注意

電子回路を使ったものでは、卜ライアックなどの放熱板は充電部であることが多いので修理時は、必ず電源プラグをコンセントから抜いて行うこと。

①性能、安全維持のため、必ずメーカー指定の部品を使用すること。

②温度ヒューズや温度センサーなどの感熱部品を取り付ける場合、位置関係がずれたり、表と裏を違えたりすると正しい温度が検知できなくなる場合があるので、取り付け方はサービスマニュアルなどでよく確認する。

③IH加熱コイルや基板などを交換した場合、サービスマニュアルを参照して、必ず入力調整を行うこと。

④リード線の引き回し不具合によって、リード線のかみ込みやコネクタの接触不良が起きないようにする。

⑤修理完了後の点検

 ・部品の取り付け忘れがないか、ねじの緩みがないかを点検する。

 ・配線の確認、引き回しを点検する。

 ・機能検査は、サービスマニュアルにより指定の機能を点検する。

 ・絶縁性能は、コンセントから電源プラグを抜き、電源スイッチを入れた状態で、直流500V絶縁抵抗計を用いて、電源プラグの両端子を短絡し、この両端子と外部露出金属部との開で測定し絶縁抵抗値が1MΩ以上であることを確認する。

炊飯器 故障診断

IHジャー炊飯器の主な故障症状と、考えられる原因・処置は、下表のとおりであるが、実際の処置にあたっては、メーカーのサービスマニュアルに示された電気回路および故障診断表などを参考に修理する。


  炊飯器の故障事例

 故障事例1  ご飯が焦げる

ご飯が炊き上がる時に、内なべの温度が急上昇することをセンサーが感知して、保温状態に切り替わります、この切り替えの遅れがコゲの原因で温度センサーの表面が汚れていないか、また、それに接触する内なべの外底面にもゴミが付いていないか確認します。

よくあるのは、ご飯粒が固まって炭のようになっていることです。こうした異物が、内なべの温度をセンサーに伝えにくくさせています。焼き付いてしまったものは拭いてもなかなか取れません。割りばしの先でこすったり、目の細かいサンドペーパーで軽くこすります。


故障事例2  炊飯器 炊きムラがある

 いつまでだってもお湯に浸かった米粒の状態。または、コゲがあるのに場所によってはまだ芯が残っているといった具合です。

 まずは熱板を見てみましょう。それと内なべの外底面です。ご飯粒や炊き込みご飯の具、そして調味料などが焼き付いていませんか。当然、熱板がいちばん熱いのでよく固まります。これらが熱板の熱を均等に内なべに伝えられなくさせています。 拭いて取れないものは、これもサンドペーパー320番で軽くこすれば取れます。

なお、内なべで外面もふっ素樹脂コートしてあるものは、表面を傷めないようサンドペーパーではなく割りばしの先で気長にこすり落としましょう。

 内なべを床に落としたり、ぶつけて底がいびつになったものは直しようがなく、純正部品を取り寄せることになります。


故障事例3 炊飯器 こびりつき

 現在、ほとんどの炊飯器は、内なべの内面にふっ素樹脂コートがされています。そのおかげでご飯がこびり付きにくく、洗うのもカンタンです。丈夫なコーティングなのですが、いつも固いタワシで洗っているもの、そして内なべでお米を洗っているものなどは摩耗し、効果がなくなります。

 こうなると部品交換になります、メーカーによって「内なべ」とか「内釜」とか呼んでいます。 取り扱い説明書に書いてあることに反してはいるものの、内なべでお米を洗うのは楽なので早めに交換するのも手です。また、無洗米を使用すれば内なべの内面は摩耗する事もなく、洗う手間も省けます。

故障事例4 炊飯器 コードが巻き取れない

いったんコードを全部引っ張り出してよじれた部分を手でクセを修正にするだけで直ります。 長年使ったものでは、コードの弾力がなくなり、に固くなります。こうなるとコードリールの巻き取る力に対して負担になり、巻き残りができなくなります。その場合は純正のコードリールに交換してください。

炊飯器のリサイクル料金 中古、処分

ご自宅に壊れてしまって使えない炊飯器、あるいはもう使わない炊飯器があったりしませんか?

炊飯器は家電リサイクル法の対象品ではありません。

一番、安くて確実なのは市のゴミ収集時に廃棄する方法です。その際は「不燃ゴミなのか粗大ゴミなのか」自治体によってルールが異なっていまのであらかじめ自治体に確認しておきましょう。

炊飯器 中古品家電 買い取りショップ 比較

5年以内の製品なら高額で買い取ってくれるヤマダ電機、BOOKOFF等の業者もあります、相談してみてください。

ポイントはメールでの取引及び出張買取サービスしている業者を選ぶこと、今は買取業者もネットサービスを展開している店舗や業者は増えてきており、ネットではメールなど、簡単に連絡を取り合えるため、出張買取サービスも一昔前と比べ、スムーズにやり取りが出来きます、そのため出張買取サービスは今や、当たり前のようなサービスになってきています。

よって出張買取サービスを利用すると、負担なく家電を売ることが出来る。

ヤマダ電機 炊飯器 中古家電 買い取り

BOOK OFF 炊飯器 中古家電 買い取り

 炊飯器 中古家電 高く売れる ドットコム 買い取り


参考文献:

1.商品知識と取扱い 生活家電編 家電製品協会編
2.生活家電の基礎と製品技術   家電製品協会編
3.生活家電入門          大西正幸 著

4.家電製品がわかるⅠ       佐藤銀平 著
5.モノの徹底修理術        荒井 章 著
6.「分解!」 家電品を分解してみると! 藤瀧 和弘 (著)

slideshare ダウンロード資料(PDF)

パワーポイントで作成した資料です。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする