洗濯機の選び方、使い方、修理 【図解】

洗濯機 故障診断、トラブル修理、平均寿命

故障症状と修理

洗濯機の故障には多くの原因と症状が考えられるが、その判定と適切な処置は知識と経験が必要であり、機種ごとの各メーカーのサービスマニュアルを参照して、的確な結論をださなければならない。

故障の原因

 故障の種類を大別すると、次のとおりである。

  ・故障と間違う誤使用

  ・外装部品の損傷

  ・電気系の故障

  ・機構系の故障

 「故障と間違う誤使用」は、使用者が製品の取り扱いに不慣れなために生じるもので、取扱説明書によってよく説明し、理解してもらう必要がある。実際に起きた故障については機種によって異なるので各メーカーのサービスマニュアルに従って対応することになる。

診断と修理

 詳しくは、各メーカーのサービスマニュアルを参照のこと。

診断と修理



診断と修理

洗濯機の故障事例

故障事例1  給水ホースの水の出が悪い

原因は水アカ等の不純物。給水ホースをはずしてフィルターによった汚れを取り除く。槽の中が水アカで汚れ、洗濯物に汚れやイヤな臭いかつく時は槽内のクリーニングが必要。1年に2回程度、定期的に掃除するとよい。

給水ホースの水の出が悪い

給水ホースの水の出が悪い

故障事例2  洗濯機のスイッチを入れても動かない

モー夕―音がするのに洗濯槽が回らない時は、回転羽根(パルセーター)とモーターをつなぐベルトがスリップしていることが考えられる。これは特に50Hz(ヘルツ)用の製品を60Hz地区で使っていると起こりやすいトラブルだ。洗濯物の量を減らしても直らなければ、修理を依頼する。

洗濯機のスイッチを入れても動かない

洗濯機のスイッチを入れても動かない

故障事例3 全自動洗濯機のデジタル表示がおかしい


全自動洗濯機のデジタル表示がおかしくなり、タイマー分作動しないー戸外に置かれている洗濯機は特にタクシー無線など電波の影響を受けやすい。いったん電源コンセントを抜き数秒ぐらい待ってからコンセントを入れてみる。リセットがかかり、再びマイコンが正確に作動することも多い。

全自動洗濯機のデジタル表示がおかしい

全自動洗濯機のデジタル表示がおかしい

故障事例4 洗濯機 脱水ができない

洗濯機のふたの下にある開閉スイッチ(センサー)が正しく機能していないと、ふたが閉よっていても脱水OKのサインが出ない。全自動洗濯機の場合は、作業がそこでストップしてしまう。脱水槽とフタの接触部分にスイッチがある場合、フタを閉めた時にしっかりスイッチが押されていることを確認して調節する。

洗濯機 脱水ができない

洗濯機 脱水ができない

故障事例5 洗濯機 運転時の振動が激しい

洗濯機の足場を再確認。灯台もと暗し、日々の振動の積み重ねにより、洗濯機と足場の間にすきまがでて安定が悪くなっていたりする。取扱い説明書での脚の高さ調整方法を見て隙間がなくなるように調整を行う。

洗濯機 運転時の振動が激しい

洗濯機 運転時の振動が激しい

洗濯機の寿命、リサイクル料金 中古、処分

洗濯機の寿命? 音、カビ

洗濯機の寿命は洗濯機は約8年~10年です。但し、日々のお手入れで洗濯機の寿命は変わってきます。大事に使っていけば、10年以上使うことも可能です。

家電には補修用性能部品の保有期間という、その家電の部品を保管する期間というのが法律よって決まっていて、洗濯機はその保有期間が6年になります。
よって、保有期間を過ぎてしまうと部品交換ができなくなります。それ以降はネットオークションでジャンク品を探して交換する方法しかなくなります。

洗濯機のリサイクル、処分

洗濯機のリサイクル料金 ご自宅に壊れてしまって使えない洗濯機、あるいはもう使わない洗濯機があったりしませんか?

不要になった洗濯機は、家電リサイクル法で定められた正しい方法で処分しなければならず、処分料金、リサイクル料金がかかります。

下記が洗濯機のリサイクル料金です。(2017年2月現在)
運搬料は回収業者によって異なり、1つにつき500円~3,000円ほどの幅があります。
冷蔵庫・洗濯機など大きくて重い家電で搬出が必要な場合は、別途3,000円~20,000円ほどが必要になります。

*まだ、洗濯機が使える若しくは年数が経過していない冷蔵庫はリサイクル/リユースショップに買い取ってもらう方法もあります。

品目 リサイクル料 運搬料 搬出料
洗濯機 2,484円 500円~3,000円  3,000円~20,000円

洗濯機の再利用 リサイクル、中古、処分

個々の部品・材料のリサイクルのやり方としては、できるだけもとの材料に戻して再利用していく(マテリアルリサイクルといっています)ことが好ましいわけですので、金属材料でできているものは個々の金属スクラップ材として再利用していくことになります。

バランサー液として使用していた塩水は、容器の中に密封・使用されていたため、汚れているわけでなく、再使用が可能です。 三菱電機(株)京浜リサイクルセンターでの実験例を元に、実際の生まれ変わり(再商品化)の状況を下図に示しておきます。この図は、使用済み洗濯機の14・6%のものをまず手解体で取り外し、13・2%のものが再商品化できた。そして、残りの85・4%のものを機械破砕・選別にかけ、50・7%のものが再商品化できたということを意味しています。


洗濯機 中古品家電 買い取りショップ 比較

5年以内の製品なら高額で買い取ってくれるヤマダ電機、BOOKOFF等の業者もあります、相談してみてください。

ポイントはメールでの取引及び出張買取サービスしている業者を選ぶこと、今は買取業者もネットサービスを展開している店舗や業者は増えてきており、ネットではメールなど、簡単に連絡を取り合えるため、出張買取サービスも一昔前と比べ、スムーズにやり取りが出来きます、そのため出張買取サービスは今や、当たり前のようなサービスになってきています。

よって出張買取サービスを利用すると、負担なく家電を売ることが出来る。

ヤマダ電機 洗濯機 中古家電 買い取り

BOOK OFF 洗濯機 中古家電 買い取り

 洗濯機 中古家電 高く売れる ドットコム 買い取り


参考文献:

1.商品知識と取扱い 生活家電編 家電製品協会編
2.生活家電の基礎と製品技術   家電製品協会編
3.生活家電入門          大西正幸 著

4.家電製品がわかるⅠ       佐藤銀平 著
5.モノの徹底修理術        荒井 章 著
6.「分解!」 家電品を分解してみると! 藤瀧 和弘 (著)

slideshare ダウンロード資料(PDF)

パワーポイントで作成した資料です。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする