エアコン、空調機の正しい選び方、使い方、掃除、修理 【図解】

エアコン、空調機の基本の使い方

 省エネの推進

 ①室内温度は適切に設定する。冷えすぎ、暖めすぎは健康上よくないばかりでなく、省エネにも逆行するので、温度の設定は適切に行う(政府は、夏28℃以上、冬20℃以下を推奨している)。

 ②室温の設定は、暖房の場合は2゜C低め、冷房の場合は1 ℃高めにするだけで、約10%も省エネになるといわれている。冷房の場合、設定温度を上げても扇風機を併用し空気の流れを作ると快適に過ごすことができる。

 ③風向調節を適切に行う。冷気は下に、暖気は上に集まるので、風向調節を冷房時は水平に、暖房時は下向きにすると室内温度のムラが少なくなる。

 ④いわゆる冷房病を防ぐには、室外との温度差を5°C以内に設定するとよいといわれている。また冷風を直接体に当てない工夫も必要である。

 ⑤フィルターの掃除はこまめに行う。シーズン中は2週間に一度の頻度で行う。エアフィルターの汚れは冷房・暖房能力を低下させる原因になり、消費電力量も多くなる。1シーズンフィルターを清掃しないと、5~10%電気代が上がるといわれている。また、汚れの状態にもよるが、異常音や水漏れ、室内機の吹出口に露付きなどが発生する。

 ⑥省エネのために窓にカーテンを掛けたりブラインドを用いるとよい。また窓やドアの開閉の回数を少なくする。

  ⑦室外機の周囲をふさがない。室外機の吹出口や吸込目の近くに障害物があると、冷・暖房効果を弱め、故障の原因にもなる。

  ⑧シーズン前に試運転をする。特に冷房シーズン前に、冷え具合、ドレンホースの詰まりによる水漏れ、室内機の吹出口などに露付き等がないか確認する。

  ⑨定期的に機器の点検清掃を行う。長期間使用(例えば5年間使用)すると環境にもよるが、熱交換器やファンの汚れにより、余分な電力を消費することになる。通常行う手入れとは別に、専門家による点検・整備(エアコンクリーニングなど)を行う。

動画 エアコンの省エネ節電~エアコンの電気代を節約しながら涼しく過ごす方法Vol.1~

動画 エアコンの省エネ節電~エアコンの電気代を節約しながら涼しく過ごす方法Vol.2~

エアコン 取り付け、据付け上の注意

据付け電気工事業者として、国または各都道府県に登録された業者に依頼する。工事に不備があると故障、水漏れや感電、火災の原因になる。

電源電圧を確認する。故障や火災の原因になる。

電源プラグは、必ずエアコン専用のコンセントに直接差し込む。途中で接続したり、延長コードの使用やたこ足配線などをしたりすると、感電や火災の原因になる。

電源コードは加工して使用しない。電源コードは、束ねだり、引っ張ったり、重いものを載せたり、加熱したり、加工したりすると、感電、火災の原因になる。

アースエ事を行う。エアコンにはD種接地工事が義務付けられており、安全の為である。

漏電ブレーカーを取り付ける。湿気の多い場所に取り付ける場合は、漏電ブレー力一の取付けが必要である。

設置場所の選定に注意する。

・室外機、室内機の吸込口、吹出口に十分なスペースをとる。スペースが少ないと、能力が低下するばかりでなく故障の原因となる。

寒冷地では、室外機は北側や西側など冬場に季節風の冷たい風が当たる場所は避け、東側や南側に設置する。適切な場所がない場合は、風雪ガードなどを取り付ける。

降雪、積雪地では、室外機は高置き台に設置しさらに風雪ガードを取り付ける。 室外機の周囲に雪が積もり囲まれるような状態になると、吹き出した空気が再び吸い込まれ熱交換効率が下がり暖房能力が低下する。

寒冷地では、除霜水がベース表面に氷結して排水できなくなることがある。そのため、室外機の底にあるドレンパイプ・ブッシュを外し除霜氷をたれ流してもよい場所に設置する。

ドレンホースは確実に排水できるよう配管する。排水工事が不完全な場合、屋内に浸水し家具などを濡らす原因になる。

浄化槽など、腐食性ガス(硫化水素、アンモニアなど)が発生する場所ヘドレンホースを導かない。腐食性ガスがドレンホースから室内へ逆流し、銅配管を腐食させたり、室内の異臭の原因になることがある。

高気密住宅に設置する場合、換気が適正になされているか注意する。気密性の高い住宅で換気扇を運転すると、エアコンからボコボコ音が出る場合がある。これは換気扇を運転することにより部屋が負圧になりドレンホースから空気を吸い込む。その結果、エアコンにたまった水(ドレン)を吹き上げボコボコ音が発生する。このような場合は、部屋に吸気口を設け、室内が負圧にならないようにするか、ドレンホースの先端にエアカットバルブを取り付け、空気の吸い込みを防ぐようにするとよい。

硫化水素濃度の高い温泉地に設置する場合は、銅パイプのろう付け部などに防錆塗料を塗布する。

動画 中古 エアコン 自分で 簡単 取付け 真空ポンプ フレア加工

エアコン、空調機 安全上の注意

①吸込口・吹出口に指や棒などを入れない。ツイン(熱交換器)や回転している送風ファンでけがをする恐れがある。

②運転中は電源プラグを抜かない。電源プラグを抜いたりコードを引っ張ったりしてエアコンを停止すると、プラグやコンセントが傷み感電や火災の原因になる。

③電源プラグは、ほこりが付着してないか確認し、がたつきのないように刃の根元まで確実に差し込んでください。

④電源コードは、途中で接続したり延長コードの使用や他の電気器具とのタコ足配線をしないでください。

DIY エアコン、空調機の簡単なクリーニング、掃除

エアコンの熱交換機や送風をするファンは湿気があり、その周辺や背面には黒カビが付着しやすく,また、カビの他にも、エアコン内部や背面、フィルターなどはホコリやハウスダスト、花粉など目には見えない物質が溜まります。これらの有害な物質を取り除く意味でエアコンのクリーニング、掃除が必要です。

さらに、フィルターが目詰まりを起こしているとエアコンが本来の性能を発揮できずに余計な電力を必要とし、電気代があがってしまうことにもなります。電気代を節約する意味でもエアコンの掃除は意味があります。

エアコンフィルター 自分でやるクリーニング、掃除方法

1.エアコン クリーニング 前準備

エアコンの周囲を汚さないようを汚さないように養生テープ等でしっかり養生します。


参考商品:壁掛用 エアコン洗浄カバー KB-8016

アマゾン 楽天

2.初めに掃除機をかける。

フィルターを外す前にフィルターの周りやエアコンのパネル部分に付いたゴミを掃除機で吸っておく事で、フィルターを外した時にホコリが降ってくるのを防止することが出来ます。


2. 外す時はユックリと

フィルターは非常に薄くて柔らかいプラスチック樹脂で出来ていますので無理に引っ張ったり変形させると破損する恐れがあるのと、引っ張りすぎると奥からゴミの塊が落ちて来る可能性があります。

3.外側からそっと掃除機をかける

ゴミ、埃はフィルターの外側に付いていますので外側から掃除機をかける、内側から吸ってしまうと、ゴミ、ホコリが逆にフィルターの目に詰まってしまいます。

4. 月に1回は水洗いして日陰干しする

掃除機で吸うだけでは目に詰まった細かなホコリは完全には取れません。2回に1回は掃除機で吸った後、浴室でシャワーをかけて水洗いしましょう。その時ポイントは掃除機とは逆に裏側からシャワーをあてる事。外側から水圧をかけると逆に目詰まりしてしまいます。


5.エアコンのフィルター交換 

エアコンのフィルターの掃除が面倒な方は貼るだけで、エアコンの溝に溜まるゴミやほこりを防でくれるフィルターが販売されています。

アマゾン 楽天

エアコン 吹き出し口、ルーパーの掃除

吹き出し口は、熱交換器を通った空気が出て来る最後の部分です。ここが汚れていては部屋中に汚れた空気をまき散らす事になるので手の届く範囲でキレイに拭き上げましょう。

1.コンセントを抜く(もしくはブレーカーを落とす)

ここから先はエアコンの内部を触るので、必ずエアコン室内機の横にあるコンセントを抜いてから作業して下さい。 ※コンセントが無い場合は、ブレーカーを落とします。


2. ルーバーを手で回す

吹き出し口のルーバーを手で回します。

ルーバーは手で動かしてキチンと閉まらなくても、電源を入れれば自動で元の位置に戻るので大丈夫です。 ※軽く回して動かない機種は無理に作業しないでください。


3. エアコン 内部のクリーニング

タオルに中性洗剤を薄めた物を染み込ませ指に巻いて中を拭いていきます。届かない場合は細長い定規のようなものにタオルを巻いて拭き、次に洗剤を使った後はもう一度水でしぼって仕上げ拭きして下さい。最後に電源を入れ送風運転し、完了です。


この時汚れが残っていても運転中には決して触らないように注意して下さい。中のファンに指が巻き込まれたりすると大変危険です。

4.エアコン洗浄スプレーでのクリーニング

スプレーするだけで、エアコンを簡単に洗浄できるエアコン洗浄スプレーを使用する方法もあります、エアコン洗浄スプレーは各メーカーが色々な種類のモノが販売しています。

使い方は簡単、エアコン洗浄スプレーを5~6回よく振った後、アルミフィンに噴霧し、約10分間、放置後にドレンホースから汚水が出てきた汚水を片付けます。


動画 エアコン洗浄スプレーの使い方

おすすめ 人気エアコン洗浄スプレー アース製薬  無香性 420mL 2P
アマゾン 楽天

エアコン 防カビ対策

エアコンの嫌なニオイはカビが原因です。エアコンのクリーニングが終わったら、防カビ処理を行います。防カビ剤としては市販品の「ミラクリーン」を使用します。人間に対して毒性がなく、イオンの力でカビの活動を抑えます。病院やホテルなど業務用にも使用されているもので、効果は十分です。方法はエアコンの吸引口(エアフィルター設置箇所)と送風口からエアコン内の冷却フィン(アルミ製の熱交換機)に向けて、「ミラクリーン」を10回程度スプレーします。


ミラクリーンR 容量:100ml

アマゾン 楽天

エアコン クリーニング、掃除頻度

内部まで掃除を行う場合は、春・秋のエアコンを比較的使用しない時期に行うのがベターです。

フィルター

フィルターは取り外すだけで自分で掃除出来るので「2週間に一回」を目安に、頻繁に掃除しましょう。またホコリを拭いたり、手の届く範囲の掃除も同じ頻度で行いましょう。

冷却フィン(熱交換機)

フィルターを外した奥に見える部分で、この部分までは専用のスプレーを使用すれば、それほど手間がかからず自分で行うことが可能です。目で確認して、「汚れが目立ってきたな」と感じたら、掃除するようにしましょう。目安は大体「1年~3年」です。

ファン(送風機)

ファン(送風機)に関しては、フィルターに比べて手間がかなりかかります。洗浄液回収用のビニール袋を取り付ける、洗浄剤が汚れを落とすまでの待ち時間がかかるなど、とても大変です。目安は「1年~3年」で、ファンが汚れてくるとカビ臭いにおいがするので、においを感じたら依頼するタイミングとも言えます。

動画 おすすめ簡単  自分でやるエアコン クリーニング

前篇

後編



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする