布団乾燥機の正しい選び方、使い方、メンテ、修理  【図解】

スポンサーリンク

布団乾燥機とは? 英語:Futon dryer

掛ふとんと敷ふとんの間に乾燥マットなどをセットし、その中に温風を送りふとんを乾燥させる家電製品です。

梅雨や長雨のとき、雪国の冬期間、花粉の時期、昼間不在の家庭や高層住宅に居住など種々の理由で布団が外に十分に干せないことがある。ふとん乾燥機はこのような気候や住居の問題で外に布団を干せない場合、手軽に短時間でふとんの乾燥ができる商品である。

ふとんの種類に応じた乾燥をしたり、ダニ退治や靴の乾燥、少量の衣類の乾燥など多機能化も図られている。また、寝る前にふとん乾燥が仕上がるようにセットしておき、暖まったふとんで寝るために使うケースも多いようです。

 布団乾燥機の歴史

1977年に、三菱電機群馬製作所で開発、国産第1号機が発売された後、各家電メーカーが参入した。このふとん乾燥機は「ヘアードライヤーをふとんの中にいれてかわかすと具合がいい」というようなアイデアを元に開発がスタートした。

開発者は、ふとんの中全体に均一に温風を吹きいれる方法に苦労した。いろいろ試行錯誤の末、ジャバラホースで布袋の中に温風を吹きいれる方式に落ち着いた。

当時ふとん乾燥機は外から温風で乾かす方式であまり普及していなかった。このふとん乾燥機は全く逆の発想だった。


2013年には象印からマットを使わず乾燥できる「マット不要」タイプのふとん乾燥機「スマートドライ」が登場し、その手軽さが大ブレイク!布団乾燥機に大きな変革をもたらし、2015年には他のメーカーからもマット不要タイプの新製品も登場しています。


布団乾燥機の原理、構造、種類、しくみ

布団乾燥機の構造

ふとん乾燥機は風を送り出す送風用ファンとその風を温めるヒーター、温風をマットに送り込むための接続ホース、ふとん乾燥用マットで構成されている(下図)。


布団乾燥機の動作

①タイマーと連動する運転スイッチをONにすると、送風用ファンが回り風を送り出す。

②送風ファンより送り出された風は、ヒーターの熱で温風となり、接続ホースを介してマットに入る。

③2枚のふとんに挟まれたマットは、送り込まれた温風により膨らみ、ふとんに密着したマット表面の熱と、表面から適度に抜ける温風により、ふとんを乾燥させる。

 

布団乾燥機の種類

最近トレンドとなっている「マットなし」タイプと従来の「マットあり」タイプ、どちらのスタイルにするか、それぞれの使い勝手を吟味して決定をする。

(1)マットなしタイプ

本体かホースから直接布団に温風を送り込むタイプ。マットを敷く手間がないため手軽なのが最大の魅力。ただし、温風の吹き出し口からから遠くなるほど暖まりにくいのが弱点。


(2)マットありタイプ

布団の間にマットを敷きこみ、ホースからマットに温風を送り込むタイプ。マットを敷く手間があるが、隅々までしっかり温風が行き届きやすいのが強み。マットのサイズが布団の大きさに見合ったサイズか否かの確認を忘れずに。


日本工業規格 電気布団乾燥機関連規格 JIS C 9335-2-206

家庭用及びこれに類する電気機器の安全性:電気乾燥機器の個別要求事項

この規格は,この規格は,家庭用及び類似の食器,ふとん又は靴等を乾燥する目的の電気乾燥機の安全性について規定する。それらの定格電圧は,単相 250V,三相 480V 以下である。その他の詳細は下記のサイトを参考にして下さい。

JISC日本工業標準調査会サイト

布団乾燥機関連の日本工業規格は JISC 9335 です。JISC日本工業標準調査会サイト内のJIS検索から内容が閲覧可能です。(但し印刷不可)

*現在はIEインターネット エクスプローラーのみ閲覧可。

kikakurui.com |JIS規格票をHTML化したサイト

布団乾燥機の日本工業規格 JIS
C 9335-2-206 が全文、閲覧、印刷可能です。(但し図、イラスト含まず)

家庭用及びこれに類する電気機器の安全性−第 2-206 部:電気乾燥機器の個別要求事項


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする